元湯 四季の湯 温泉発掘者 忍じいちゃんのお話

温泉発掘者「忍じいちゃん」のお話

 

温泉発掘者

<−−−忍じいちゃん

「四季の湯」は、湧出口がすぐ横の敷地内にあって、源泉からそのまま湯舟に掛け流しているので、温泉の老化を極力おさえ、最大限の「温泉の効果」を享受できるのだ。

温泉は湧き出してからの時間の経過と共にかなりのスピードで老化が進んで、温泉の効果が薄れていくんだよ。

「四季の湯」は湧出量が豊富だし温度も高いから人の手を加えない「100%源泉掛け流し」を実現して「レジオネラ菌」なんかの増殖を防いでくれているのだ。

 

 

日本では、水素イオン濃度(PH値)が9以上のアルカリ性単純温泉は数が非常に少ないと言われている。「四季の湯」はPH値9.8とアルカリ性が強く、貴重な温泉といえるのだ。

アルカリ性の温泉は皮膚の汚れを溶かして洗い流してくれるから入浴すると肌が「すべすべ」して美肌効果が期待できるよ。

そして豊かな自然に囲まれたアロマテラピー効果もあって忍じいちゃん「お勧めなのだ」

疲労回復や冷え性、神経痛、関節痛、筋肉痛、運動麻痺、アトピー性皮膚炎にも効果が期待できるのだ。

こんな事から湯治とは言わないけど、健康や病に不安を抱えた多くの人たちが、効能豊かな「温泉の効果」を享受するために来ているんだよ。

三つの物理的な力 温泉の効果として、お湯のもつ「浮力」・「水圧」・「温熱」という三つの物理的な力があるのだ。浮力は体の重さから開放されるから腰痛や関節痛の人に効果があるよ。水圧は水の力で体が押されてマッサージと同じ効果があるよ。